クルマのフロントガラスに、速度や回転数を表示…愛車に装着できるヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」

クルマのフロントガラスに、速度や回転数を表示…愛車に装着できるヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」

愛車に装着できるヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」

クルマのフロントガラスに速度計/回転計等を投射表示するヘッドアップディスプレイ「HUDネオトーキョー」が販売開始された。

車内のOBD2コネクタに接続し、ダッシュボードに固定するタイプ。工具不要で3分で設置できるという。

フロントガラスに表示されるのは、速度計、エンジン回転計。燃料警告灯、エンジン警告灯、バッテリー警告灯、水温警告灯、長時間運転警告灯、そして現在時刻など。5.5インチ高輝度マルチカラーLEDを採用しており、反射フィルムなしで昼間でも見えるそうだ。

2008年10月以降に型式認定を受け生産が開始された、OBD2装備のクルマに対応している。なお、それ以前のクルマの場合、OBD2コネクタが装備されていても通信方式が異なるため、正しく動作しないことがあるという。

価格は6,980円。通販サイトAmazon.co.jpで購入できる。

関連記事(外部サイト)