「ハイエースロボ」がすごくかっこいい

「ハイエースロボ」がすごくかっこいい

ハイエースロボの勇姿

商用車として人気の高い「ハイエース」。それがロボットに変形した姿がインターネット上などで話題になっている。なんと販売元である名古屋トヨペット公式のキャラクターだという。

ハイエースは登場から半世紀が経つブランドだが、日本だけでなく世界で根強い支持がある。頑丈で、荷物をたっぷりと積み込め、馬力があり、さまざまな機材を運んだり、バスや乗り合いタクシーに使ったり、改造してキャンピングカーにしたり、用途は多種多様。

そのハイエースが人型に変形した姿が「スライジャーロボ」だ。トヨタの販売会社、名古屋トヨペット(NTP)が開発した。スライドドアの車種を紹介する架空のヒーロー「スライド戦隊スライジャー」とともに活躍している。

キャラクター設定としては、交通安全思想の普及・浸透を図るための機体で、身長は7m、体重は3,045kg。目から発する光線はハイビームと同じ効果があり、特に夜間ではドライバーからの視認性を高め、歩行者を見つけやすくする。普段はハイエースとして日本のビジネスを支えているが、ひとたび交通マナーの悪い場面に出くわせば変身する。今日もどこかで、交通事故のない社会を目指しているという。

YouTubeのNTP公式チャンネルはかなり凝った「変形バンク」も公開している。

2016年10月に一般公開し、以前に限定グッズとして反射板などを配ったそう。最近は6月中旬に愛知県名古屋市で開催したグルメイベント「手羽先サミット2017」へ出展。参加した人が写真を撮影してTwitterに投稿し、あらためて注目を浴びた。

ハイエースというなじみぶかい車種がロボットになる面白さはもちろん、ロボットそのもののデザインの格好よさ、細部まで完成度の高い仕上がりが人を惹きつけているようだ。

今後も愛知県内のイベントに出展の可能性があるとかで、機会があれば目にすることができるかもしれない。 最新情報はNTPの公式Facebookページなどで入手できる。

関連記事(外部サイト)