ホンダ「FIT」がマイチェン…ホンダセンシング採用&デザイン一新

ホンダ「FIT」がマイチェン…ホンダセンシング採用&デザイン一新

ホンダ「FIT」がマイチェン

ホンダは「FIT(フィット)」に、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を採用。デザインや装備、乗り心地、静粛性、燃費性能などを向上させて6月30日に販売開始する。

主な変更点は次の通り

■Honda SENSING採用
・安全運転支援システム「Honda SENSING」の全8機能をガソリンモデル、ハイブリッドモデルの両方に採用。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術とにより、事故回避を支援する。

・自動ブレーキ、誤発進抑制機能などの衝突回避支援機能に加え、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS<車線維持支援システム>」や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」など、快適な運転をサポートする機能も充実している。

■エクステリアデザイン刷新
・前後バンパーのデザインを変更し、低重心でワイドな外観に仕上げた。インラインタイプのLEDヘッドライトなどにより、スポーティーさや先進性を表現している。

・一部のタイプには、張り出し感のある専用のバンパーや、大型テールゲートスポイラー、サイドシルガーニッシュなどを採用。スポーティーな印象を強調した。

■インテリアの質感強化と快適装備
・上質感にこだわったHYBRID・L Honda SENSINGには、本革のような風合いや肌触りの素材を使用した「プレミアムブラウン・インテリア」を設定した。シートやステアリングホイール、ドアパネルパッドなど、随所にブラウンを配色し、落ち着いた心地良い空間を演出している。

・iPhone 6やAndroid 7などのスマートフォンをUSBで接続し、音楽再生や通話、マップアプリケーションの操作などを、ナビ画面や音声で行える「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応した。

■静粛性、乗り心地の向上
・遮音機能付きフロントウインドウガラスの採用で静粛性を高め、ボディー剛性の強化やサスペンションダンパーの減衰特性の最適化などにより、上質な乗り心地を実現した。

■進化したパワートレイン
・ガソリンモデルに採用の1.3L アトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンと1.5L 直噴 DOHC i-VTECエンジン、そしてハイブリッドモデルに採用している「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-DCD」のいずれのパワートレインもきめ細かなチューニングを実施。ハイブリッドモデルにおいては37.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現した。

・エンジンの燃焼技術の向上やフリクションの低減などに加え、フロントピラーやフロントバンパースポイラー形状の最適化など、細部にわたり空力を考慮した形状変更を施し、燃費性能を向上させている。

関連記事(外部サイト)