新型Audi A8、アウディサミットでデビュー…自動運転システムを設定

新型Audi A8、アウディサミットでデビュー…自動運転システムを設定

新型Audi A8、アウディサミットでデビュー

バルセロナで開催されたアウディサミットで、アウディのフラッグシップモデルである新型Audi A8が世界デビューした。第4世代となったこのモデルでは、市販車としては初めての自動運転システムが設定されており、2018年以降段階的に導入される予定となっている。

自動運転機能「Audi AIトラフィックジャムパイロット」は、渋滞時のドライバーの負担を軽減するシステム。中央分離帯のある高速道路を60km/h以下で走行しているとき、ドライバーに代わって運転操作を引き受けてくれる。

「Audi AIトラフィックジャムパイロット」は発進、加速、ステアリング、ブレーキを操作し、ドライバーを運転から解放する。ステアリングから手を放すこともできるし、走行している国の法律で許されていれば、車載テレビを視聴するなど運転以外の行為に集中してもかまわない。システムが機能の限界に達した場合には、ドライバーに運転操作に戻るよう通知する。

「Audi AIトラフィックジャムパイロット」は自動運転中、セントラルドライバーアシスタンスコントローラー(zFAS)が、様々なセンサーからのデータを照らし合わせることで、クルマの周辺の状況を導き出している。レーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサーに加えて、レーザースキャナーも採用された。

なお、Audi AIトラフィックジャムパイロットの導入には、各国の法律に合わせたシステムの変更とそのテストが要求される。

新型Audi A8のエクステリアデザインでは、スタディモデルのAudi prologueで予告されたスタイルが、市販モデルに昇華されたものとなった。ワイドでアップライトなシングルフレームグリルや、流麗かつ力強いボディが、Audi A8のスポーティさやエレガントさを表現している。

新型Audi A8のデザインテーマは「自由」。そのインテリアは豪華なラウンジをイメージさせるものとなった。なかでも興味深いのはAudi A8 Lの後席右側にオプション設定されたリラクゼーションシート。ここでは、フットマッサージを楽しむことも可能だ。

操作系からは、従来のモデルには存在したロータリープッシュボタンやタッチパッドが姿を消し、インストルメントパネルからも、ボタンやスイッチ類が一掃された。ドライバーは大型ディスプレイに指で触れることで、インフォテイメントシステムの操作を行える。センタートンネルコンソールにあるタッチスクリーンからは、エアコンディショナーや快適機能にアクセス可能だ。

ナビゲーションシステムも大幅に進化した。走行したルートの情報を元に自己学習していく機能が追加されており、ルート検索の機能がよりインテリジェントなものとなっている。

新型Audi A8及びAudi A8 Lは、2017年晩秋からドイツ市場で販売開始される。ベース価格はAudi A8が9万600ユーロ、Audi A8 Lが9万4,100ユーロ。

関連記事(外部サイト)