ホンダ「SHUTTLE(シャトル)」一部改良−Honda SENSINGを全タイプに標準装備

ホンダ「SHUTTLE(シャトル)」一部改良−Honda SENSINGを全タイプに標準装備

ホンダ「SHUTTLE」一部改良

ホンダは、「SHUTTLE(シャトル)」を一部改良し、9月15日に販売開始する。安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が全タイプ標準装備とされた。

シャトルは5ナンバーサイズのコンパクトボディー、多彩なシートアレンジ、広く快適な室内空間が特長のコンパクトステーションワゴン。レバーを引くだけで後席を折り畳み、最大184センチのフラットな荷室空間を作り出せるなど、使い勝手にも優れている。

今回の一部改良では、ホンダセンシングを搭載して安心装備を強化した。また、燃費が改善されている。

■主な変更点

◆ホンダセンシングを標準装備
・安全運転支援システム「ホンダセンシング」の8機能を標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識と、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、事故回避を支援する。

・衝突回避支援機能に加え、車線の中央に沿った走行をアシストするステアリング制御「LKAS<車線維持支援システム>」や、アクセルペダルから足を離しても前走車との車間距離を適切に保つ「ACC<アダプティブ・クルーズ・コントロール>」など、ドライバーの負担を軽減し、快適な運転をサポートする機能も充実させた。

◆燃費性能を進化させたパワートレイン
・パワートレインには、きめ細かなチューニングが施された。「SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)i-DCD」採用のハイブリッドモデルにおいては、クラストップの34.4km/L(JC08モード)の低燃費を実現している。

◆内外装の装備充実
・フォグライトにLEDを採用。省電力で、明るく遠くまで照らし、夜道や雨天時などの安心感を高めた。

・底板を開くと浅くなり、折りたたむと深くなるドリンクホルダーを採用。飲み物の容器サイズに応じて、深さを二段階で調節可能とした。

・「Apple CarPlay」「Android Auto」に新たに対応した。

関連記事(外部サイト)