トヨタ「Tj CRUISER」−カローラより短いのに、自転車やサーフボードを載せられる

トヨタ「Tj CRUISER」−カローラより短いのに、自転車やサーフボードを載せられる

トヨタ、「Tj CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)」

トヨタは東京モーターショー2017で、「Tj CRUISER(ティ・ジェイ・クルーザー)」を世界初披露する。VANの積載性能とSUVの力強いデザインを融合させた新ジャンルの4人乗りクロスオーバーコンセプトカー。

「Tj CRUISER」の「Tj」は、ツールボックス(TOOL-BOX)の「T」と、楽しさ(Joy)の「j」に由来。これにトヨタのSUVラインアップに伝統的に使用されてきた「CRUISER」を付加して車名とされた。

エクステリアデザインは、VANのようなユーティリティの高さを感じられるスクエアなキャビンに、SUVらしい大径タイヤや力強いフロントビューを融合。VANとSUVそれぞれの良さを両立させた新ジャンルを表現した。

サイズは全長4,300x全幅1,775x全高1,620ミリで、ホイールベースは2,750ミリの4人乗り。全長はカローラアクシオより100ミリ短いが、助手席側をフルフラットにすれば約3メートルの長尺物を搭載可能だ。自転車やサーフボードを気軽に載せられるツールボックスとして使い、楽しむことができる。

ボンネットとルーフ、フェンダーなどには、無造作に物を置いても傷や汚れがつきにくいケアフリー素材(強化塗装)が採用された。このあたりの仕様からもツールボックスとして使って欲しいというメッセージを感じられる。

大開口スライドドアを採用。横からの大きな荷物の出し入れを容易にした。このスライドドアは、ファミリーで使用する際の乗り降りにも便利だ。

ユニットは、2Lクラスのエンジン+ハイブリッドシステム、駆動方式は前輪駆動および4輪駆動が想定されている。

関連記事(外部サイト)