「ミゼット」や「コンパーノ」のコンセプトを継承−ダイハツが「DN compagno」「DN ProCargo」を東京モーターショーに参考出品

「ミゼット」や「コンパーノ」のコンセプトを継承−ダイハツが「DN compagno」「DN ProCargo」を東京モーターショーに参考出品

ダイハツが「DN compagno」

ダイハツは東京モーターショー2017で、「ミゼット」や「コンパーノ」のコンセプトを継承した参考出品車を展示する。商用EV「DN ProCargo」と、コンパクトクーペ「DN compagno」。

「DN ProCargo(ディーエヌ プロカーゴ)」は、1957年に登場した「ミゼット」の使い勝手の良さや高い拡張性を継承した商用EV。低床フラットフロアによる広い室内空間と、用途に合わせて変化させられる荷室により、地域や業種を問わず、様々な場所で仕事のパートナーとなるモデルとした。

室内高は1,600ミリと、ウォークスルー可能な高さに設定された。

「DN compagno(ディーエヌ コンパーノ)」は、1963年に登場した「コンパーノ」のスタイリッシュなデザイン思想を継承したコンパクト4ドアクーペ。大人2人がゆったり過ごせる前席優先パッケージや上質なインテリアを実現している。パワートレーンには1,000ccターボや1,200ccハイブリッドが想定されている。

ダイハツは東京モーターショー2017に5車種5台の参考出品車、1台の市販予定車、および10台の市販車を出展する予定。

関連記事(外部サイト)