SUBARU(スバル)新体制下でも不正継続 国土交通省は「重点的な監視対象」とする方針

記事まとめ

  • SUBARU(スバル)の不正が止まらず、完成車検査の不正がこの10月まで続いていたという
  • 業を煮やした国交省は再発防止を勧告し、「重点的な監視対象」とする方針を伝えた
  • 新体制下でも不正が続いてことになるだけに、開いた口がふさがらない事態とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております