ファンケル初「肌の機能性表示食品」発売

ファンケル初「肌の機能性表示食品」発売

ファンケル初「肌の機能性表示食品」発売の画像

ファンケル(横浜市)は、同社初の肌の機能性表示食品「モイストバリアW」を2019年1月17日に発売する。

「ナノ化ヒアルロン酸」1粒当たり50ミリグラム配合

発表資料によると、従来の「モイストバリア」の配合成分を見直し、「肌の水分を逃しにくく、うるおいを保つ」機能性表示食品としてリニューアル。

機能性関与成分として、肌のうるおいを保ち乾燥を和らげる「アスタキサンチン」と、肌の水分を逃しにくくする「パイナップル由来グルコシルセラミド」の2成分を配合した。また、美容のためのサプリメントの中で、コラーゲンと並ぶ人気の成分であるヒアルロン酸をナノレベルまで小さくしたという「ナノ化ヒアルロン酸」を、1粒当たり50ミリグラム配合。

1日の摂取目安量はたった1粒で飲みやすく、手軽に毎日続けやすい。事前に同社で行ったモニターアンケートでは、総合的な満足度が90%以上と高い評価を得たという。

内容量30粒(30日分)、価格は3780円(税込)。