北海道初開催「tomica展〜夢とあこがれは、世代を超えて〜」 ゴールデンウィークに

北海道初開催「tomica展〜夢とあこがれは、世代を超えて〜」 ゴールデンウィークに

北海道初開催「tomica展〜夢とあこがれは、世代を超えて〜」 ゴールデンウィークにの画像

札幌テレビ放送(札幌市)は、北海道初開催のイベント「tomica展〜夢とあこがれは、世代を超えて〜」を2019年4月26日〜5月6日に開催する。

「大人も楽しめる」をテーマ、プレミアムなトミカの展覧会

1970年の発売から49年を迎える、日本初の手のひらサイズの国産車ダイキャスト製ミニカーシリーズ「トミカ」。現在までに累計1000種類以上の車種を発売し、累計販売台数は6億4000万台を突破、3世代にわたり愛されているというロングセラーシリーズだ。

「大人も楽しめる」をテーマとしたプレミアムなトミカの展覧会。プレミアムゾーンは、トミカコレクターとしても有名な森永卓郎氏の貴重なトミカコレクションを展示するとともに、ペーパーアーティスト太田隆司氏の車のある情景など、"トミカ×アート"をテーマに大人も楽しめる落ち着いたギャラリー空間となっている。

また、トミカつりやトミカおえかき、トミカぺたぺた焼きなどのゲームが楽しめるプレイゾーンも設置。子ども連れの家族も楽しめるという。さらに、ショップゾーンでは展覧会オリジナルグッズやトミカイベントモデルなども販売する。

開催期間は2019年4月26日〜5月6日、10時〜17時(最終入場は16時30分まで)。開催会場はサッポロファクトリー(札幌市中央区北2条東4丁目)。入場料金は当日券/大人(中学生以上)800円、子ども(3歳〜小学生)600円、前売券/大人700円、子ども500円。

前売り券は2019年4月25日まで販売。販売場所はローソンチケット、セブンチケット、チケットぴあ、道新プレイガイドなど。

価格はいずれも税込。