トヨタ、「塗装剥がれ」で修理期間延長 SNS拡散で注目集める

トヨタ自動車「塗装剥がれ」で修理期間延長 対象はアルファードやハイエースなど

記事まとめ

  • トヨタ自動車は一部車両の塗装に製造上の不具合があったとして、無料の修理期間を延長
  • 対象はアルファードやハイエースなど8車種の中で2008年〜15年ごろに製作された車体
  • 修理予定だという男性は「広い面積がシートを剥がすようにめくれ始めた」と明かした

トヨタ、「塗装剥がれ」で修理期間延長 SNS拡散で注目集める

トヨタ、「塗装剥がれ」で修理期間延長 SNS拡散で注目集める

トヨタ、「塗装剥がれ」で修理期間延長 SNS拡散で注目集めるの画像

トヨタ自動車は2019年4月3日、一部車両の塗装に製造上の不具合があったとして、無料の修理期間を延長したと発表した。

この問題をめぐっては、複数の購入者がSNSで不満を漏らし、注目を集めていた。

「情報提供」きっかけにトヨタ把握

対象は、ホワイトパール色のアルファードハイエース、カローラルミオンなど8車種の中で、08年〜15年ごろに製作された車体。車体に使った塗料の濃度が低く、塗装が剥がれる場合があるとし、無料での修理期間を購入後3年から10年に伸ばした。

トヨタの渉外広報部によれば、対象台数は40万台。リコール扱いではないため、国土交通省へは届け出ていないという。購入者へ個別に連絡はしておらず、公式サイトで呼びかけている。

塗装のトラブルをめぐっては、対象とみられる複数の購入者が交流サイトで報告していた。中でも19年1月にツイッターに寄せられた投稿は広く拡散され、一般層からも注目を集めるきっかけとなった。

対象となるカローラルミオンを所有し、販売店に修理を依頼する予定だという男性はJ-CASTニュースの取材に「最初は一部がポロポロと剥がれていき、少しずつ塗装剥がれが拡大して行きました。その後、広い面積がシートを剥がすようにめくれ始めました」と被害を明かす。「走行中に白い大きなポスターのような物が飛んでいくのがバックミラーに写り、もしやと思って戻って確認したら自分の車から剥がれ落ちた塗装だったという事もあります」

トヨタの渉外広報部は、把握のきっかけは購入者からの情報提供だったという。その後、調査を進めたところ製造上の不具合が見つかった。

有償で再塗装した購入者には、証明できる書類があれば返金する。対象車種はトヨタの公式サイトに掲載している。

https://toyota.jp/recall/kaisyu/190403.html