有給休暇活用で英会話力向上 イングリッシュブートキャンプ「2 日間の短期集中コース」

有給休暇活用で英会話力向上 イングリッシュブートキャンプ「2 日間の短期集中コース」

有給休暇活用で英会話力向上 イングリッシュブートキャンプ「2 日間の短期集中コース」の画像

短期集中英会話プログラムを運営するイングリッシュブートキャンプ(東京都世田谷区)は、2019年4月2日の受付分から「有給休暇活用キャンペーン」を実施している。開催場所は、東急電鉄・二子玉川駅から徒歩5分の「イングリッシュブートキャンプ二子玉川ベース」だ。

本キャンペーンでは、5月と6月に有給休暇を利用してプログラムを受講する人を対象に、通常受講料から5000円引き、2 日間(20時間)の短期集中コースを提供する。希望者はウェブサイトの「スケジュール予約」から、コメント欄に「有給休暇を利用して参加」と入力して申し込む必要がある。

2日間(20時間)で「グローバル・コミュニケーション」スキルも

短期集中コースでは2日間(20 時間)という限られた時間のなかで、英語を話さざるを得ない環境を作り上げる。これにより英会話力だけでなく、グローバルな場面でのコミュニケーションにおいて重要な「明確な言葉」、「ロジック」、「思考の枠組み」で意思疎通できるようにスキルを磨き、ビジネスパーソンに求められる「グローバル・コミュニケーション」も身に付けることを目指す。

受講料は税別で9万8000円。平日割の場合は9万5000円だ。また、コース受講後の結果に満足できなければ、全額返金を保証している(一部条件あり)。5月のプログラム開催日は1〜2日、3〜4日、5〜6日、11〜12日、18〜19日、22〜23日、25〜26日、29〜30日というスケジュールで、6月の予定については、決定次第ウェブサイトで告知される。各プログラムは定員になり次第キャンセル待ちとなる。

本キャンペーンは、有給休暇の取得推進により、余暇をどのように使うか選択肢が広がること、また有給休暇を活用したスキルアップへのニーズの高まりを見込んで実施された。4 月1日から施行された「働き方改革関連法」によって労働者が有給休暇を取得しやすい環境を作るようにと、企業側が促されているためだ。