チーズバーガーがスイーツに大変身 「マイキャプテンチーズTOKYO」試食してみた

チーズバーガーがスイーツに大変身 「マイキャプテンチーズTOKYO」試食してみた

チーズバーガーがスイーツに大変身 「マイキャプテンチーズTOKYO」試食してみたの画像

菓子ブランド「銀のぶどう」や「ねんりん家」を展開するグレープストーン(東京都中央区)は、チーズスイーツの新ブランド「マイキャプテンチーズTOKYO」を立ち上げ、2019年4月19日にJR東京駅 グランスタに第1号店をグランドオープンする。

J-CASTトレンドでは、開店前のプレス向け試食会に参加した。

チェダーチーズショコラがバンズからはみ出る

「マイキャプテンチーズTOKYO」の商品は、「チーズチョコレートバーガー」「チーズクッキースティック」「チーズゴロゴロケーキ」の3種類。

「チーズチョコレートバーガー」は米西海岸のチーズバーガーからインスピレーションを受けて誕生したスイーツで、バンズクッキーとホイップショコラで挟まれたチェダーチーズショコラがバンズからはみ出るほど。バンズクッキーはドーム状で、サクサクした食感が特徴的だ。

このバーガーと相性が抜群だというのが、フライドポテトを模した「チーズクッキースティック」で、ゴーダチーズを練りこんで焼き上げている。セット販売のみとなっている。

「チーズゴロゴロケーキ」はベイクドチーズケーキで、カマンベール、マスカルポーネ、クリームチーズなどが使用されている。

グレープストーン広報担当者は取材に、「こだわりに満ちたチーズスイーツバーガーを作りたい(との思いから)、チーズバーガーがスイーツになったら面白いのではないか」と、発想の一端を明かしてくれた。

甘さの後にしょっぱさ...確かに相性抜群

記者がそれぞれ試食した。

まずは「チーズチョコレートバーガー」。とにかくチーズの見た目のインパクトが強い。バンズはサクサクな一方、チェダーチーズとホイップショコラの柔らかさを感じる。甘いホイップショコラが口の中で溶けた後、チーズが登場して「口溶け感」がユニークな印象だ。1個だけで、しっかりとした満足感があった。

次に食べた「チーズクッキースティック」は、甘さよりもしょっぱさが残り、おつまみによさそうだ。甘いチーズチョコレートバーガーの後だと、ちょうどよい。

「チーズゴロゴロケーキ」は、チーズケーキと言うより「ケーキの姿をしたチーズ」と表現できそうなほど、チーズの濃厚な香りが漂ってきた。中にチーズのかけらが入っていて、食感を楽しめた。

商品は計9アイテムで以下の通り。

チーズチョコレートバーガー...3個入、6個入、9個入、12個入。

チーズゴロゴロケーキ...6個入。

マイキャプテンチーズセット...3袋入、8袋入、12袋入、18袋入。

詳しくはウェブサイトで。