日本限定IQOS「新元号祝賀モデル」 パッケージに込められた「こだわりのデザイン」

日本限定IQOS「新元号祝賀モデル」 パッケージに込められた「こだわりのデザイン」

日本限定IQOS「新元号祝賀モデル」 パッケージに込められた「こだわりのデザイン」の画像

「フィリップ・モリス・ジャパン(PMJ)」(東京都千代田区)は加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」より、日本限定販売モデル「IQOS 3 NIPPON 祝賀モデル」、「IQOS 3 MULTI NIPPON 祝賀モデル」を2019年4月17日から、IQOS オンラインストアなどで販売している。

その限定モデルの展示会が4月19日、東京・銀座で開催された。製品パッケージデザインを担当したグラフィックデザイン会社「gtdi」代表取締役、ヘンリー・ホー氏が登場し、デザインのこだわりやコンセプトを説明した。

「令和」は「自分で書き入れることができます」

新元号制定を記念して作られた日本限定販売モデルは、日本の伝統を白と真紅の2色で表現している。パッケージも同様だ。

IQOS本体が収められている白い箱の周りを、女性書家・アーティストの紫舟(シシュー)氏が書き上げた「新」の文字が刻印された真紅のインナースリーブが包んでおり、互い違いに折り返して立てれば屏風のようなたたずまいになる。内側に印字されているのは、これまで使用された全247の元号だ。

では、248個目の元号「令和」はどうするのか。

ホー氏は会場前方の壁に立てかけられていたインナースリーブの巨大イメージを指し示し、「新元号は自分で書き入れることができます」とにこやかに話した。

パッケージの外側にかけられている水引の形にもこだわりがある。ホー氏によると、「『2019年』の『9』と、『IQOS』の『q』の2つをイメージしている」そうだ。また日本限定販売モデルには杯も付属しており、ここにも2つの「キュー」をオマージュした水引がデザインされている。ホー氏は杯について「お祝いの席で使うのはもちろん、『IQOS』を吸うためには必要な『ヒートスティック』を置く場所としても活用できます。ぜひ皆さん楽しんで使ってください」と呼びかけた。

デザインは「お客様とIQOSを繋ぐ『架け橋』に」

展示会後に行われた囲み取材で、PMJのディレクターマーケティング&コミュニケーションズ・坂牧真美さんはホー氏が発案し、手掛けたパッケージデザインについてこのように称賛した。

「日本限定販売モデル発売にあたり、お客様とIQOSとで、喜ばしい新時代の訪れを『一緒に』お祝いするにはどうしたらいいか、難しい、と感じていました。そうした時にヘンリー(・ホー)さんが『置くだけではなく、自分で新元号を書き入れて使えるインナースリーブにするのはどうか』といったアイデアをくださったので、それがお客様とIQOSを繋ぐ『架け橋』になったと感じています」

なお、紫舟氏は当日会場に来られなかったが、上映されたコンセプトムービーのなかで「『新』という書には軽やかな風に乗って元号が変わった新しい時代がやってくるようなイメージを書体の中に込めて書き上げました」とメッセージを寄せた。