新キャラ「うさピヨ」かわいすぎ ディズニー・イースターで大活躍

新キャラ「うさピヨ」かわいすぎ ディズニー・イースターで大活躍

新キャラ「うさピヨ」かわいすぎ ディズニー・イースターで大活躍の画像

東京ディズニーシー(TDS)と東京ディズニーランド(TDL)では、2019年4月4日から6月2日まで、春のスペシャルイベント「ディズニー・イースター」を開催している。

TDSでは、今年はテーマを一新して、新キャラ「うさピヨ」が繰り広げるヘンテコでかわいいイースターとなっている。

生まれたての「うさピヨ」がコンテストに挑戦

 

ミッキーマウスたちがイースターの準備をしているときに、ヒヨコが描かれたイースターエッグをみつけた。気に入ったミニーとデイジーがそのヒヨコに、自分たちが被っている「ウサ耳」を書き加えた。するとタマゴが割れて白い耳のついたヒヨコが現れ、ほかのタマゴからも次々と生まれた――。それが今年、TDSに初お目見えした新しいキャラクター「うさピヨ」だ。

パーク内は「うさピヨ」一色の感があるが、なかでもかわいらしさを満喫できるのは、メディテレーニアンハーバーの公演「Tip-Topイースター」。ディズニーの仲間たちとうさピヨがさまざまなコンテストで競う演出なのだが、なにしろ生まれたばかりのうさピヨ、まだ動作がたどたどしく、上手くできない。愛らしさ全開だ。

まずは大声コンテスト。うさピヨは上手くリズムに乗れないが、かわいらしい声のおかげで勝利する。次のダンスバトルも、よろけたりしながらもドタバタした姿がかわいく2連勝。得意技を披露するコンテストでは、ほかのタレントたちのマジックショーなどを見ているだけだったうさピヨたちだが、まねを始めて演技に参加。見どころを奪って、ついには主役になってしまう。コンテストは終了し、会場を一番盛り上げたのは、うさピヨと発表される。最後はうさピヨの歌で「うさピヨ!うさピヨ!」の大合唱。しばらく耳から離れない。公演時間は約25分だ。

TDSパーク内には、うさピヨをデザインしたデコレーションがいたるところに配置され、絶好のフォトロケーションとなっている。初登場の新キャラなだけに、グッズ類はすべて目新しい。

TDLでは「うさたま」が復活

TDLのイースターには、2年ぶりに「うさたま」が復活した。TDSのうさピヨに対し、こちらはうさたまが主役だ。

パレードルートで繰り広げられるパレード「うさたま大脱走!」も2年ぶりの公演となる。イースターの準備に忙しいある日、イースターエッグを作っていると、「うさたま」が次々と誕生して、パーク内に逃げ出したという設定で、ディズニーの仲間たちが巨大な掃除機や「うさたま探知機」を使ってうさたまを捕まえようと大奮闘する展開。

7台のフロートを中心に大小さまざまなカートが連なる。一時停止があるタイプのショーである。シンデレラ城前で観覧する場合、シンデレラ城を正面に見て右手、トゥモローランドに向かうあたりに陣取ればミッキーマウスを間近にじっくり見られる。正面すぐ左あたりはドナルドダックだ。公演時間は約40分。

完成するとスペシャルシールがもらえる「うさたまを探せ!」も実施している。ヒントを参考にうさたまを探し報告しよう。

昨年7月10日から開催されているナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」は4月26日で終了する。シンデレラ城に映し出される映像・光を使った壮大なスケールの夜のショーをまだ体験していない人は、いまのうちに。