キャラメルコーンの「ピーナッツだけ」商品化 要望多く「脇役」がついに「主役」

キャラメルコーンの「ピーナッツだけ」商品化 要望多く「脇役」がついに「主役」

キャラメルコーンの「ピーナッツだけ」商品化 要望多く「脇役」がついに「主役」の画像

東ハト(東京都豊島区)は、2019年5月13日に「キャラメルコーンのピーナッツ」を発売する。同社の商品「キャラメルコーン」の中に入っているピーナッツだけをパッケージしたものだ。

予想以上の反響「うれしい」「絶対に買う」

J-CASTトレンドの取材に応じた東ハトマーケティング担当者によると、「ピーナッツだけの商品を出してほしい」という要望はかなり前からあった。「お客様相談センター」への電話やメールで消費者から直接求められることもあれば、バイヤーから「ピーナッツだけを売ることはできないのか」と問われることもあったという。

しかし、キャラメルコーンに入っているピーナッツは、キャラメルコーンと一緒に食べるためのものとの位置づけだ。自社工場で焙煎し、味付けもキャラメルコーンの「脇役」となるように考えられている。

「脇役だけの商品を出すのはどうなんだろう...」――同社ではこれまでそう考えていたが、今回「ここまで要望があるのなら」とチャレンジを決めたと明かした。

商品の発売を発表すると、思った以上の反響があったと担当者。ツイッターでも「うれしい」「絶対に買う」というコメントがあり、「脇役のピーナッツ君(パッケージに描かれているキャラクター)がこんなに頑張ってくれるとは...」と語った。

商品はレギュラー商品として販売される。