セブン‐イレブンで「70%還元」 メルペイ大盤振る舞い、どこでも「実質半額」の衝撃

電子マネー「メルペイ」がGWに大盤振る舞い どこでも「実質半額」の衝撃

記事まとめ

  • メルカリ子会社が運営の電子マネー「メルペイ」が、ゴールデンウィークに大盤振る舞い
  • 支払額の50%相当をポイント還元し、セブン‐イレブンでの支払いは還元率が70%相当
  • メルペイはPayPayやLINE Payの陰に隠れる場面も多かったが、存在感を示すいい機会に

セブン‐イレブンで「70%還元」 メルペイ大盤振る舞い、どこでも「実質半額」の衝撃

セブン‐イレブンで「70%還元」 メルペイ大盤振る舞い、どこでも「実質半額」の衝撃

セブン‐イレブンで「70%還元」 メルペイ大盤振る舞い、どこでも「実質半額」の衝撃の画像

メルカリの子会社が運営する電子マネー「メルペイ」が、ゴールデンウィーク(GW)に大盤振る舞いのキャンペーンを打っている。

題して「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!」。2019年4月26日〜5月6日の期間中、メルペイによる支払額の50%相当をポイント還元するもので、セブン‐イレブンでの支払いは還元率が70%相当まで高まる。付与上限は2500ポイントだ。

「実質全商品半額やんけ」「GWはメルペイに尽きる」

キャンペーンの対象となるのは、銀行口座を登録するか、本人確認を完了したユーザー(18歳未満など一部対象外)。メルペイは、コード決済だけでなく、iD(アイディー)でも決済できる「二刀流」が特長だが、今回の「半額ポイント還元」では、どちらでの支払いも対象となる。加盟店は合わせて、全国135万か所(4月17日のプレスリリースより)にのぼる。

メルペイは19年2月にサービスを開始したが、これまで大きなポイント還元キャンペーンは打っておらず、「20%還元」を掲げるPayPayやLINE Payの陰に隠れる場面も多かった。そこに来ての「50%還元」は、存在感を示すいい機会になっているようだ。ツイッターには「メルペイやばいわ」「実質全商品半額やんけ」「GWはメルペイに尽きる」などと、驚きの声が多い。

他社に差を付けているのは、還元率だけではない。還元までのスピード感も、ライバルでは見られない特徴だ。PayPayの「100億円キャンペーン」では、原則として決済翌月の20日前後に、ボーナス分が付与される。LINE Payの「平成最後の超Payトク祭」(4月30日まで)も6月30日ごろに付与と、2か月ほどのタイムラグがある。その点、今回のメルペイキャンペーンでは、翌日にポイント付与。すぐ恩恵が受けられるとあって、より「お得感」が演出されている。

実際に買い物してみる

休日出勤の昼下がり、メルペイを使って、セブン‐イレブンで食事を買ってきた。「どれを買っても7割引き」と思うと、コンビニで弁当を買うだけなのに、なんだかワクワクする。ふと目に入ったボトルコーヒーも「30円相当!?」と、衝動的にカゴへ入れてしまった。

セブン‐イレブンは、QRコードに対応していないので、「iD」として決済する。店員さんに「この人、70パー目当てだ!」と思われるのでは......と、勝手にビクビクしてしまう筆者のような小心者には、わざわざ「メルペイで」と言わなくていいのはありがたい。

帰りはビールを買って帰ろうか、それとも思い切って、焼酎のボトルにしようか。遠出の予定がない筆者には、セブンでの胸算用が、数少ない「ゴールデンウィークらしさ」を彩ってくれる。70%還元の恩恵を受けられるのは3500円ちょっとまで。さて、どう使い切ろうか。

(J-CASTニュース編集部 城戸譲)