阪神と近鉄「つながって10周年記念スタンプラリー」 最後は1枚の絵に

阪神と近鉄「つながって10周年記念スタンプラリー」 最後は1枚の絵に

阪神と近鉄「つながって10周年記念スタンプラリー」 最後は1枚の絵にの画像

阪神電気鉄道(大阪市)と近畿日本鉄道(同)は、「阪神×近鉄つながって10周年記念スタンプラリー」を2019年4月26日〜6月30日まで開催する。

19年3月20日に阪神なんば線の開業と阪神・近鉄の相互直通運転開始から10周年を迎えたことを記念して開催するもの。

全種類のスタンプを集めると...

今回はスタンプを台紙に重ねて捺していくと1枚の絵が完成する「重ね捺し」を両社で初めて採用した。両社によると、ゴールデンウイークを含むこの期間に、家族や友人と一緒にスタンプラリーに参加することで素敵な思い出を作ってほしいとのことだ。

専用台紙付きチラシ配布駅は、阪神が神戸高速線を含む全駅、近鉄が大阪府、京都府、奈良県、三重県(西青山駅以西)の主要駅。スタンプ設置場所は、神戸三宮駅(東改札外)、西宮駅(市役所口改札外)、尼崎駅(西改札内)、大阪難波駅(東改札外)、東花園駅(改札外)、生駒駅(中央改札外)、大和西大寺駅(南改札外)の7駅。

全種類のスタンプを集めると、先着で1万人に車両や駅名看板などを切り抜けるA5サイズの「オリジナルマグネットシート」がプレゼントされる。商品引換場所は尼崎城、西大寺駅営業所、それぞれ5000個限定。