夏の車内温度上昇を抑える 「カーサンシェード」

夏の車内温度上昇を抑える 「カーサンシェード」

夏の車内温度上昇を抑える 「カーサンシェード」の画像

雑貨企画・製造などを行うスパイス(名古屋市)は、夏の車内温度上昇を抑えるアイテムとして「カーサンシェード」を発売。2019年4月18日に発表した。

気温が20度を超えるようになると、車外では過ごしやすくても、締め切った車内の温度は40度を超えており、さらに夏の車内では70〜90度になるといわれている。この「異常な車内温度の上昇」を抑えてくれるアイテムだ。

変形しにくくしっかりと日差しを遮断

厚みがあるため、サンバイザーで挟むことで自立する。また、変形しにくいので、しっかりと日差しを遮ってくれる。

デザインも豊富で、車の色や車種に合わせてセレクトできる。じゃばらタイプ(柄5種類)は、使用後チロリアンテープで束ねてスッキリ。くるりんタイプ(柄7種類)は、ポンと広げて簡単にセットアップでき、クルッと丸めて収納できる。目立つデザインなので、広い駐車場で自分の車の目印にも役立つ。

さらに、S(130×70センチ)、M(じゃばらタイプ:140×78、くるりんタイプ:136×84)、L(136×102)のサイズ展開で、大きなフロントガラスから小さなフロントガラスまで対応。

カーサンシェードを使用することで車内温度を上げ過ぎず、車の消耗劣化の防止にも役立つと、同社は発表資料のなかで説明している。

同社公式販売サイトで取り扱う。