自転車デビューをアシスト 軽量、低重心で子どもも使いやすい1台

自転車デビューをアシスト 軽量、低重心で子どもも使いやすい1台

自転車デビューをアシスト 軽量、低重心で子どもも使いやすい1台の画像

Ampus(東京都杉並区)が運営するストライダージャパン(同)は、「STRIDER 14x」の新色「Fuchsia Pink(フューシャピンク)」を2019年5月下旬に発売する。

不意に転んでしまう恐怖感が軽減される

「STRIDER 14x」は、14インチホイールと着脱式ペダルユニットを搭載した全く新しいストライダー。付属の工具を使えば家庭でも簡単に取り付けられるペダルユニットにより、効率よく自転車の練習ができるようになるという。重量はわずか5.5キロ(ペダルバイクモード6.5キロ)。低重心なのでバランスがとりやすく、子どもの力でもコントロールしやすい。不意に転んでしまう恐怖感が軽減されるため、子どものやる気をアップさせてくれるという。

3歳半〜7歳くらいまでの子どもが乗車可能。「ペダルバイクモード」は自転車として公道走行が可能だ。また、レースイベントにも参加できる。