「趣味」も楽しめる駅近コワーキングスペース 子育て世代もシニアも使える

「趣味」も楽しめる駅近コワーキングスペース 子育て世代もシニアも使える

「趣味」も楽しめる駅近コワーキングスペース 子育て世代もシニアも使えるの画像

レンタルオフィスとコワーキングスペース事業を行うWOOC(東京都品川区)は2019年6月1日、東京・JR大森駅より徒歩1分の場所にコワーキングスペース&シェアオフィス複合施設「BIZ comfort 大森山王」をオープンする。

子どもを遊ばせておけるプレイルームやレンタルキッチン、ミシンが揃っており、子育て世代やシニア世代、趣味を楽しみたい人も気軽に使えるシェアスペースだ。

モニターで子どもを見守りながら趣味や仕事を

「BIZ comfort 大森山王」は地下1階、地上5階建て。地上3〜5階はレンタルオフィス、地下1階にはフィットネススタジオやカルチャーサロン用のブース、子ども用のプレイルームが設けられ、地上1階はキッチンやミシンなどが備わったホビースペース、地上2階は静かに仕事ができるコワーキングスペースになっている。

プレイルームは、「自宅では子どもが気になって作業に集中できない」という育児中の人のために用意された。同社ウェブサイトによると、ホビースペースとコワーキングスペースに設置されている「みまもりモニター」で子どもの様子をチェックしながら仕事や趣味に打ち込める。

また、コミュニティーが狭くなりがちなシニア世代向けに、同施設をカルチャースクールとして利用することも可能だ。

WOOCでは、同社サービスの利用者から「仕事だけでなく、刺しゅうや絵を描くといった趣味で使えないか」との問い合わせが寄せられ、「趣味の時間やコミュニティー作りを行うシェアスペース」という新しい視点を持ち、「BIZ comfort大森山王」の開発につなげた。