「高輪ゲートウェイ」にもスシローを? 山手線沿線で「出店してほしい駅」募集

「高輪ゲートウェイ」にもスシローを? 山手線沿線で「出店してほしい駅」募集

「高輪ゲートウェイ」にもスシローを? 山手線沿線で「出店してほしい駅」募集の画像

回転寿司チェーンの「スシロー」を運営する「あきんどスシロー」(大阪府吹田市)は、東京・JR山手線の沿線で実際にスシローが出店してほしいエリアを募集するキャンペーン「#山手線にスシローつくろーぜ」を2019年5月13日からはじめた。

投票1位の地域に出店するとは限らないが...

投票対象となるのは山手線の全30駅で、2020年に暫定開業予定の「高輪ゲートウェイ駅」も含まれている。

投票するには、まずツイッターのスシロー公式アカウント(@akindosushiroco)をフォローし、特設サイトから投票したい駅をクリック。表示される「この場所に投票」ボタンを押すとツイッターの投稿フォームにリンクが飛ぶため、「#山手線にスシローつくろーぜ」、「#投票する駅名」の2つのハッシュタグをつけてつぶやくと、投票完了となる。

投票者の中から抽選で500人に「スシローお食事券2000円分」が当たる。

特設サイトでは各駅に投じられた票数がリアルタイムで掲載されており、5月15日11時時点では1位が大崎(189票)、2位が新宿(185票)、3位が秋葉原(166票)となっている。

スシローは5月14日現在、山手線沿線では上野、池袋、高田馬場、五反田の4駅周辺に店を構えている。J-CASTトレンドがあきんどスシローの広報担当者に取材すると、

「スシローはこれまで郊外の店舗が多かったが、最近は『都心に増やしてほしい』という声を多くいただいている」

とのことで、キャンペーンでは利便性の高い山手線沿線エリアを対象にした。

なお、投票で1位になったエリアに出店するとは限らないという。同社の広報担当者は、

「一人でも多くの声を募った上で、出店場所を決めたい」

と回答した。

投票期間は6月12日まで。