米ウォルト・ディズニーがHulu(フールー)の経営権を取得 米コムキャストと合意

記事まとめ

  • 米メディア大手のウォルト・ディズニーはHulu(フールー)を経営上完全に支配したと発表
  • 早ければ5年後に米コムキャストより33%のHulu株を得ることとなり、全株取得となる
  • これに伴いウォルト・ディズニーは経営権を即時受け取ることでコムキャストと合意した

米ディズニーがHuluの経営権取得

米メディア大手のウォルト・ディズニーは2019年5月14日(日本時間15日)、オンライン動画配信サービスHulu(フールー)を経営上完全に支配したと発表した。早ければ5年後に米コムキャストより33%のHulu株を得ることとなり、全株取得となる。これに伴い経営権を即時受け取ることでコムキャストと合意した。

この合意によるとコムキャストは2024年1月からディズニーにHulu株を売却できるが、ディズニーはその価値を最低でも275億ドルと保証する。

ディズニーのボブ・アイガー最高経営責任者は、「我々は消費者のためにサービスをより魅力的にするディズニーのブランド力と創造的なエンジンを活用することができる」との声明を発表した。