新元号「令和」記念 明治〜平成を振り返る日帰りバスツアー

新元号「令和」記念 明治〜平成を振り返る日帰りバスツアー

新元号「令和」記念 明治〜平成を振り返る日帰りバスツアーの画像

日本旅行は新元号「令和」を記念し、「新元号記念タイムスリップ日帰りバスツアー」を発売した。出発日は2019年5月31日、6月9日。

博多駅発着、昭和バスで各所を巡る

「令和」ゆかりの地である太宰府の坂本八幡宮などを訪れ、明治から平成までを振り返る、博多駅発着のバスツアー。昭和12年創立の「昭和バス」を利用する。

新元号の引用元である「万葉集 梅花の歌」が詠まれたという坂本八幡宮を、現地ガイドが案内。車窓からは、石炭で栄えた「炭都」の雰囲気が残る、「平成筑豊鉄道」の田川後藤寺駅の駅舎も見ることができる。

また、3月10日にリニューアルオープンした門司港駅新駅舎と、大正ロマン・昭和モダンが調和する「門司港レトロ地区」の散策も可能だ。

さらに、"筑豊の炭鉱王"と呼ばれた伊藤伝右衛門と、歌人・柳原白蓮が過ごしたとされる、明治30年代建造の「旧伊藤伝右衛門邸」も訪問する。アールヌーボー調のマントルピース、英国製のひし形のステンドグラスのある応接間などが特徴。飯塚市の有形文化財に指定されており、庭園は国の名勝指定を受けている。

旅行代金は4980円。