発泡酒や第3のビールの増税を来年度の税制改正で議論 メーカーや消費者は反発も

記事まとめ

  • 2017年度の税制改正で、ビール類の酒税の見直しが議論されることになった
  • ビールを減税、発泡酒や第3のビールは増税し、税額を統一する案が考えられている
  • 財務省にとっては悲願といえるテーマだがビールメーカーや消費者の反発は根強いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております