松山風と宇和島風の2種類を用意 愛媛の選べる鯛めし付きプラン

松山風と宇和島風の2種類を用意 愛媛の選べる鯛めし付きプラン

松山風と宇和島風の2種類を用意 愛媛の選べる鯛めし付きプランの画像

松山東急REIホテル(松山市)は、「愛媛の鯛めしいっぺん食べとおみ!選べる鯛めし付き宿泊プラン」を、2019年5月13日から8月31日まで発売する。

ほぐした鯛の身か鯛の刺身か

夕食として、愛媛県の郷土料理である「鯛めし」が食べられるプラン。松山市北条地区発祥の「松山風鯛めし」または宇和島地方発祥の「宇和島風鯛めし」の2種から選択できる。鯛は脂がのった同県産のものを使用。

鯛と米を一緒に炊き込んだ「松山風鯛めし」は、ほぐした鯛の身をご飯に混ぜ合わせ、「宇和島風鯛めし」では、しょうゆやだし汁などから成るタレに漬け込んだ鯛の刺身を、熱いご飯にのせて食べる。

同プラン限定で、季節の地元産柑橘ドリンク付き。

1人分の料金はスタンダードツインで8580円〜(2人1室利用、税込)。