レオパレス21、施工不良問題で8期ぶり最終赤字 新社長が意気込み語るも具体策示さず

記事まとめ

  • レオパレス21の2019年3月期連結決算は施工不良問題の影響で8期ぶりの最終赤字に転落
  • 深山英世社長が代表権のない取締役に退き後任に宮尾文也取締役常務執行役員が昇格する
  • 宮尾氏は「もう一度ご利用いただけるよう早急に取り組みたい」と語るが具体策は示さず

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております