そごう・西武の関西3店舗がH2O傘下に セブン&アイが譲渡

セブン&アイ・ホールディングスとエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは2016年10月6日、資本業務提携すると発表した。今後、H2Oの発行済み株式の3%相当(約57億円、5日現在)を相互に持ちあうほか、そごう・西武が関西圏で運営する3店舗の事業をH2Oに譲渡する。このほか、H2Oの運営店舗などで使えるポイント「Sポイント」を関西圏のセブン-イレブンでも使えるようにする。

セブン&アイはそごう・西武、H2Oは阪急百貨店、阪神百貨店を展開している。今回譲渡の対象となったのは、そごう神戸店(神戸市)と西神店(同)、西武高槻店(大阪府高槻市)の計3店舗。