プラチナ万年筆のシャープペン「オ・レーヌ プラス」 シリーズ最強の耐芯構造

プラチナ万年筆のシャープペン「オ・レーヌ プラス」 シリーズ最強の耐芯構造

プラチナ万年筆のシャープペン「オ・レーヌ プラス」 シリーズ最強の耐芯構造の画像

プラチナ万年筆は「オ・レーヌ」シリーズから、「オ・レーヌ プラス」を2016年10月20日に発売する。落下の衝撃や過度の筆圧でも芯が折れないシリーズで、芯折れによるストレスや思考の中断を防ぐとして学生たちに好評だという。

09年に「オ・レーヌ」、14年にはより折れにくくなった「シールド」を発売しており、「プラス」はシリーズ最強の耐震構造を備えた最強モデルになる。落下の衝撃による芯タンクの揺れを抑える「芯タンクガード」構造で、折れにくさがさらにアップ。初代「オ・レーヌ」のおよそ倍の耐芯強度を実現した。芯折れは移動中の激しい揺れでも発生するが、タンクガード以外にも中折れを防ぐガードや衝撃を吸収するシールド構造といった機能が満載。あらゆる状況から芯を守ってくれるという。

軸色のラインアップはホワイト、チェリーピンク、ライムグリーン、セルリアンブルー、ガンメタルで価格は450円(税抜)。