米ペプシコ、「ソーダ税」にらみ「砂糖減らします」

米清涼飲料大手ペプシコは、2025年までに飲料製品に含まれる砂糖の量を大幅に減らすと2016年10月17日に発表した。肥満や心臓病などのリスクを下げる狙いと、「ソーダ税」と呼ばれる、糖分を多く含む炭酸飲料への税金導入の動きに対処する。

発表によると、12オンス(約350ミリリットル)当たり100キロカロリー以下の製品シェアは現在4割程度で、これを3分の2まで高める。新製品についてはカロリーゼロといった低カロリー製品に注力する。