ファミコン復刻版、人気まだスーパー級 増産予定あるの?任天堂に聞いた

ミニファミコン転売に擁護も

ファミコン復刻版、人気まだスーパー級 増産予定あるの?任天堂に聞いた

ファミコン復刻版、人気まだスーパー級 増産予定あるの?任天堂に聞いた

ファミコン復刻版、人気まだスーパー級 増産予定あるの?任天堂に聞いたの画像

ゲーム大手の任天堂が2016年11月10日に発売した、手のひらサイズのファミリーコンピュータ「ニンテンドークラシック ミニ ファミリーコンピュータ」の高値が続いている。

発売前の事前予約には注文が殺到。その人気のため、抽選販売にしたり、発売当日に完売したりする量販店が現れたほど。クリスマス直前、プレゼントに買い求める人も増えているが手に入らず、品薄の状況だ。

往年の「ファミコン」を60%縮小した「手のひらサイズ」

任天堂の「ニンテンドークラシック ミニ ファミリーコンピュータ」(通称、ファミコン ミニ)は、1983年7月に発売された家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」の「復刻版」といわれ、「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」「ゼルダの伝説」など、往年の人気30タイトルのファミコンソフトを収録。テレビなどに接続すれば、30タイトルをカセットの交換なしに楽しめる。

「ファミコン」の本体サイズを、約60%に縮小した手のひらサイズ。当時のファミコンそのままに、2本のコントローラーが本体とつながっているので、家族や友だちと対戦や協力しながらプレイできる。

「レトロ」な本体に、往年の「ファミコン」ファンが飛びついたほか、若い世代の目にも新鮮に映ったようで、発売前から注目が集まり、販売店などには予約注文が相次いでいた。

そんなことだから、インターネットの通販サイトやオークションサイトなどでは、その値段が見る見るうちにつり上っていき、5980円(税別)の希望小売価格の2倍超を出さなければ買えなくなる状況に陥っている。

インターネットには

「『復刻版ファミコン』がどこからも手に入らない!」
「ヨドバシもビックも在庫なし。いつ入荷するかもわからないって...」
「ファミコンミニ増産されたら確実に買う。だから、早く増産してくれ」
「完売って、もう手に入らないってことなの?」
「もう転売されていますよ。しかも倍(の値段)で・・・」

と、買えずに残念がったり、増産を待ち望んだりする声が数多く寄せられている。

「出荷時期などについては、お話しできません」

一方、インターネットでは、「ニンテンドークラシック ミニ ファミリーコンピュータ」の販売価格が2倍超につり上がったこともあり、「転売用」に商品を仕入れる、いわゆる「転売屋」に対する、「転売は悪」「転売にNO」などの批判もまた殺到している。

その半面、

「人気下がったら割引して売らなきゃならないんだから 人気があるときに高値で売るのは当然」
「悪いことではない。これが市場原理というものだ」
「悪いことではないけど、倍はちょっと・・・ 買うヤツがいるから、つけあがる」

といった、「擁護」の声がないわけではない。賛否両論あるようだ。

2016年12月19日、通販大手のamazonでは希望小売価格より2770円高い8750円で売られている。また、価格.comをみると、9800円〜1万3200円の値幅で販売されている。前週よりも2000円ほど安くなっているが、「高値」にとどまっていることは確かなようだ。

「ファミコン ミニ」が高値で売られている状況を、任天堂は認識している。「ファミコン ミニ」は、もう在庫切れの状態なのか――。12月19日にJ‐CASTニュースが聞いたところ、任天堂は「生産は続けており、逐次出荷しています。ご迷惑をおかけしていますが、しばらくお待ちください」と話した。

ただ、「出荷時期などについては、お話しできません。また(「ファミコン ミニ」は)限定販売ではありませんが、今のところ(生産を)増やす予定はありません」という。