ペットボトル飲料「600ml」級が定番に 核家族化や熱中症対策の意識の高まりからか

記事まとめ

  • ペットボトル飲料は「600ミリリットル」あるいはそれ以上の容量が定番になりつつある
  • 伊右衛門(サントリー食品インターナショナル)、お〜いお茶(伊藤園)などが600ml
  • 東日本大震災後に『水分を常時携帯しよう』という意識が大きくなったとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております