民法の規定(債権法)の改正案が成立 敷金を返還すべき要件や時期が法令で明文化

記事まとめ

  • 民法の規定(債権法)の改正案が2017年5月26日、参議院本会議で可決され成立した
  • 債権分野の現行法は明治29年の制定後、実質的な見直しがほとんど行われてこなかった
  • 今回の改正で、賃貸借の敷金を返還すべき要件や時期が法令で明文化された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております