AIスピーカーが続々誕生 「ポスト・スマホ」の呼び声高く

AIスピーカーが続々誕生 「ポスト・スマホ」の呼び声高く

AIスピーカーが続々誕生 「ポスト・スマホ」の呼び声高くの画像

人工知能(AI)を搭載し、音声で操作できるスピーカー(AIスピーカー)を国内外のIT企業などが続々と発表している。インターネットに接続し、スピーカーに話しかけると、音楽やニュースを流してくれる――というのが一般的な機能だ。今までになかった斬新な製品のため、「ポスト・スマートフォン(スマホ)」との呼び声も高い。「日本語の壁」を乗り越えられるのか、も注目だ。

無料通信アプリを展開するLINE(ライン)は2017年6月15日、AIスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を今秋に売り出すと発表した。話しかけると好きな音楽を流したり、興味のあるニュースや天気を教えたりするという。価格は税抜き1万5000円。

自然な日本語にどこまで対応できているのか

親会社である韓国ネイバーと共同開発しているAI「クローバ」を組み込んだ。「LINE」アプリと連動させて、チャットのメッセージを音声で入力できるほか、家電の操作も可能だという。

LINEはこの日、東京都内で事業戦略発表会を開催。WAVE実機のデモを初公開した。舛田淳取締役が「天気にあった音楽をかけて」と呼びかけると、自動で曲を選んで音楽を流す様子が披露された。音楽再生に機能を絞った「先行版」は今夏に1万円(税別)で発売される。

NTTドコモもこの夏、「petoco(ペトコ)」を発売する。こちらは音楽再生スピーカーというより、「対話」をメーンにしたデバイス。ペトコを通して、テキスト・静止画・動画によるメッセージのやりとりやビデオチャットができる。顔認識機能も装備。あらかじめ家族の顔を登録しておくことで、目の前に誰がいるかを理解し、特別な操作をすることなく家族それぞれに必要なメッセージなどの情報を提供することも可能だ。

NTTグループのAI「corevo(コレボ)」を搭載する。日本生まれのAIだけに、自然な日本語にどこまで対応できているのか、も注目だ。

米国では一足早く普及進む

AIスピーカーは米国では一足早く普及が進んでいる。2014年に米ネット通販大手アマゾン・ドット・コムが「エコー」を発売。ネット通販と連動し、音声で検索や注文ができるという。2016年末時点で1000万台以上を売った。米グーグルも16年11月、「グーグル・ホーム」を米国で発売。日本では17年中に出す予定だ。

この分野でやや出遅れているのが米アップル。「HomePod(ホームポッド)」の発売は2017年12月になる。当初は米国、英国、オーストラリアのみで、日本での発売は来年以降になる。音声認識機能「Siri(シリ)」を搭載。音楽配信サービス「アップル・ミュージック」などから曲を再生できる。米国での価格は349ドルで、エコーの180ドル、グーグル・ホームの129ドルに比べ、かなり割高。どこまで市場を開拓できるか、ブランド力が試される。