「観光」できるホテル、ついに誕生  JR九州ホテル「ブラッサム那覇」開業

「観光」できるホテル、ついに誕生  JR九州ホテル「ブラッサム那覇」開業

「観光」できるホテル、ついに誕生  JR九州ホテル「ブラッサム那覇」開業の画像

JR九州ホテルズとオリオンビールは2017年6月24日、「沖縄と九州を紡ぐ」をコンセプトにした「JR九州ホテル ブラッサム那覇」を開業する。

那覇市内の繁華街「国際通り」からわずか1分の好立地に構える「ブラッサム那覇」。良い意味でホテルとは思えないような趣向が随所に盛り込まれている。

ただ、宿泊するだけじゃない

合計218室ある客室は、通常のツインとダブルルームのほかに、那覇の景色をのぞめる浴室が印象的な「プレミアムツイン」や、広々とくつろげる「デラックスツイン」「デラックスダブル」を用意する。

ホテルの特徴は、なんといってもホテルにいながら「観光」できてしまうことだ。

まずは、「食事面」。館内には、沖縄初出店となるステーキハウス「37 Steakhouse & Bar」を併設。熟成肉のステーキはもちろん、沖縄琉球ロイヤルポークや地元野菜など、ここでしか味わえないメニューをそろえる。

朝食も、「沖縄感」にあふれている。沖縄・安室養鶏場の新鮮な卵を使用したオムレツや、沖縄県の名産「タンカン」や「紅芋」を使った手作りジャムなどのバイキングを楽しめる。

次は、「風物面」。ホテルでは、伝統を感じられるアイテムが宿泊客をもてなす。沖縄の伝統工芸品が随所に飾られていたり、ホテルで提供されるコーヒーメーカーのカップも、那覇の窯元「育陶園」の焼き物を使用するこだわりようだ。

最後に「リラクゼーション面」。最上階(13階)には、複数人で一緒に施術が受けられる有料リラクゼーションサロン「Sanatio」を用意。沖縄の植物「月桃」やシークヮーサーなど好みの香りを選べるオイルで全身や足つぼ、ヘッドマッサージを楽しめる。

「併設するテラスからの眺めは抜群」

総支配人の池田直隆氏は、

「単なる宿泊地としてではなく、観光地のひとつとなれるようなホテルでありたいと思っています」

と自信をのぞかせる。

「併設するテラスからの眺めは抜群で、沖縄の風を感じることができます」
「大きな窓から一望できる景色や、ゆったりと寛げるインテリア、天井高6メートルの開放感あるロビーまで、満足度の高い空間づくりをしています。ぜひ、ゆっくりと贅沢なお時間をお過ごしください」

と呼びかけた。

ここで少し豆知識。沖縄を知り尽くした池田氏がおススメする、地元の人気郷土料理をご紹介しよう。

池田氏は、

「甘い金時豆の上にかき氷がかけられた「沖縄ぜんざい」と、木綿でも絹でもない口当たりのなめらかな「ゆしどうふ」は、ぜひ食べてみて下さい」

どちらもホテル近くの飲食店で味わえるとのこと。ぜひ、宿泊のついでに訪れてみてはいかがでしょうか。

ホテルの所在地は、沖縄県那覇市牧志2丁目16-1。ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩5分 那覇空港から車で約20分。

客室料金は、一例としてダブル2名で3万2400円。デラックスダブル2名で3万6800円など。他にも、ツインやデラックスツインなどもある。

また、2017年6月24日〜9月30日は、開業記念プラン(※デラックスツイン 3 名利用時、1 日限定20室)で、ダブル:1名平休日1万1000円、休前日1万3000円/2名、平休日1万6000円、休前日2万円などで楽しめる(※価格はすべて税抜)。

予約、詳細は公式サイトから。