最愛の家族との「別れ」どう向き合えばいいか 麻央さんから学ぶこと

最愛の家族との「別れ」どう向き合えばいいか 麻央さんから学ぶこと

最愛の家族との「別れ」どう向き合えばいいか 麻央さんから学ぶことの画像

2017年6月23日、フリーアナウンサーの小林麻央さん(34歳)死去の第一報が入った。

テレビのニュースでも連日大きく報道され、あまりにも早すぎる死を悼む声が上がっている。麻央さんの闘病生活中のブログには、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さんと2人の子どもたちとのなにげない日常を中心に、治療の様子なども綴られ、多くの人たちの感想やエールが今もなお寄せられている。

生きていく以上避けられない別れだが、大きな悲しみに出会いながらも、それでも前を向いて歩いてゆく、そんな家族や夫婦の愛について描かれた3冊を紹介する。

J−CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(https://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

ひとつの体に「絶望」と「希望」が宿る運命の行方

結婚3年目で授かった命。希望に胸ふくらませる小学校教師の妻が妊娠5か月で受けた検査で、末期の乳がんが見つかった。医師からは、肝臓への転移も指摘され余命1年の宣告を受ける。最適な抗がん剤を投与すれば、羊水が減ってしまうリスクは避けられない。「自分の命」を優先すべきか「新しい命」はどうなるのか、究極の選択を迫られる。そしてアメリカで報告例があった治療と出産を同時に進めるリスク覚悟の療法を、日本で初めて受けることにより、副作用に悩まされながらも、2010年12月に無事男児を出産。絶対に諦めない! ママには我が子に託した大きな夢があった...。

『ママが生きた証』(著者:小松武幸 講談社 1404円)では、がん宣告から最期の日まで、妻と夫と最愛の子の14か月が赤裸々に綴られている。

「夏の日の宣告」「もう、神様、許してください......」「永遠の9月」など全6章。

実録コミック版 初めての患者家族目線闘病エッセイ

漫画家のユウは入籍前日、婚約者・オット君(仮)から大腸がんを告白され、看病することに。しかし彼女は看病生活と周囲の人々の言葉に振り回され、身も心もヘトヘトになってしまう。そんな時たどり着いた言葉"第二の患者"とは...!? 『今日から第二の患者さん がん患者家族のお役立ちマニュアル』(著者:青鹿ユウ 小学館 900円)は、著者が自分自身の経験から"第二の患者"としてのお悩みを赤裸々に描き出し、さらに看病の「どうすればいいのかな?」に真剣に向き合ったお役立ちコミック。

自分が"第二の患者"と知らず看病に苦しんでいるあなた、いつか自分の家族が病気になるかもしれない...と不安なあなた、自身の回りにいる第二の患者"を心配しているあなたにおすすめ。

心理学者が考える、これからの親との関わり方

私たちにとって幸福とは何か? 動けなくなり、意識をなくしてしまった時に、なお生きる意味を見出すことができるのだろうか? 『老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる』(著者:岸見一郎 幻冬舎 1118円)では、日本アドラー心理学会の顧問で、カウンセラーでもある岸見一郎さんがありのままの家族の関係を提言。

「父と母が教えてくれた『人生の意味』/できないことをできると認める勇気・たとえ死が身近に迫っても、自分らしく生きたい」「ありのままを受け入れる/理想の親ではなく、現実の親を受け入れる」「老いた親とよい関係を築く/ありがとうを期待しない・親に感情的にならなくていい」「いまここを生きる/人生を効率的に生きることに意味はない・人生を先延ばしにしない」の全4章。