アジア人の顔にフィットするGACKTコラボサングラス 100本限定で発売

アジア人の顔にフィットするGACKTコラボサングラス 100本限定で発売

アジア人の顔にフィットするGACKTコラボサングラス 100本限定で発売の画像

ビジョンメガネ(大阪市)は、ミュージシャン・俳優・タレントとして幅広く活躍するGACKTさんとコラボレートしたサングラス「GACKT SUNGLASSES VX-i-17S インジェクションサングラス」を2017年7月4日から発売する。

紫外線を99%遮断

『日本のモノ創りを世界へ』をテーマに、オールジャパンコンプリート時計を中心にサングラスやレザーバッグを展開するVARTIX(京都市下京区)とGACKTさんがコラボレートした、サングラスシリーズの夏の新作モデル。

白と黒の2色を使用したバイカラーのフレームが特長で、ラグジュアリーとアクティブさを兼ね備えた夏らしいデザインだ。海外ブランドのサングラスは欧米人の骨格をベースに作られているので、アジア人の顔にはフィットしにくいという問題があったが、GACKTさんとVARTIXが共同開発することでその問題を解決。

フレーム素材はスイスの医療機器メーカーが開発したナイロン樹脂を使用。熱による形状変化をほぼ起こさない高い性能と耐久性を持った素材で、ボリュームあるデザインでありながら極限までの軽量化を実現した。長く着用していても、装着感が負担にならないという。また、レンズ素材にはポリカーボネートを使用し、紫外線を99%遮断、傷や衝撃にも強い。

オフィシャルサイト、ビジョンメガネ一部店舗で100本限定で取り扱う。

価格は3万8000円(税込)。