日清、海なし県・群馬に「海の家」オープン 砂を7トン輸入の破天荒

日清、海なし県・群馬に「海の家」オープン 砂を7トン輸入の破天荒

日清、海なし県・群馬に「海の家」オープン 砂を7トン輸入の破天荒の画像

群馬県民の長年の悲願(?)がついに叶った。2017年7月16〜17日の2日間、群馬県の川場スキー場(利根川群・川場村)に「海の家」がオープンする。

オープン初日には、「海に囲まれた生活が憧れだった」というぐんま大使の井森美幸さんも登場した。

群馬県限定シーフードヌードルを配布

この海の家、周囲は「海」ではなく「山」に囲まれている。日清食品の定番商品「シーフードヌードル」が、海の日なのに海のない群馬を応援するために作ったという破天荒な代物だ。

会場には、オーストラリアから取り寄せた7トンの砂を敷きつめ、パラソルやライフセーバーを用意するなど、「海の家」そっくりな仕上がりとなっている。

初日はあいにくの曇り模様だったが、100人近くの来場者が詰めかけ大盛況。群馬県限定パッケージのシーフードヌードル(非売品)も配布された。

また、一日店長として群馬県出身の井森さんも登場。「他にも海無し県がある中で、日清が群馬を選んでくれたのが嬉しかった」と感慨深げ。早くも、「第二回」の海の家企画に言及し、

「来年は他の県に企画を持っていかれるかもしれないから、日清とタッグを組んで絶対に死守する」

と意気込んだ。

イベントは、16日が11時30分〜17時、17日は10時〜16時まで。両日ともに群馬限定シーフードヌードルのサンプリングを実施する。