カッターのように使えるハサミ「ハコアケ」 ダンボールの開梱に便利

カッターのように使えるハサミ「ハコアケ」 ダンボールの開梱に便利

カッターのように使えるハサミ「ハコアケ」 ダンボールの開梱に便利の画像

コクヨは「ハコアケ」を2017年8月9日に発売する。

中身を傷つけない工夫も

ダンボール箱の開梱シーンによって切り替えられる「ハコアケモード」を搭載したハサミ。ネット通販などの普及でダンボール箱を開ける機会は増えており、カッターとハサミそれぞれを使って開けている人からの「中身を傷つけそう」「開けにくい」「手を切りそう」といった不満を解決してくれるという。

スイッチをスライドしながらハンドルを握れば「ハコアケモード」になり、刃先から刃が出てくる機構になっている。刃を閉じたままカッターのように引いてダンボール箱のテープを切れる。刃は最大で1mmしか飛び出さず、中の荷物を傷つける心配が無い。また、荷物の袋やタグなどを切りたい時にはハサミとなり、持ち替え要らずでスムーズだ。

グルーレス刃タイプ(3色)とチタン・グルーレス刃タイプ(2色)の5色をラインアップする。

メーカー希望小売価格はグルーレス刃 700円、チタン・グルーレス刃 1000円。価格はいずれも税抜。