「避難訓練コンサート」が全国的に流行 いったい何をするの?

「避難訓練コンサート」が全国的に流行 いったい何をするの?

「避難訓練コンサート」が全国的に流行 いったい何をするの?の画像

「避難訓練コンサート」なる行事をご存じだろうか。2011年の東日本大震災を機に、全国各地の文化施設で広がりを見せるイベントだ。

全国公立文化施設協会によれば、2011年に「水戸美術館」(15年も開催)で行われたのが起源。徐々に全国に広まり、今年だけでも、「広島文化学園HBGホール」(2月)「神戸国際会館こくさいホール」(3月)、「新宿文化センター」(4月)、「神奈川県立音楽堂」(6月)と行われている。

具体的にはどんなことをするのか。2015年にはじめて「避難訓練コンサート」に取り組み、17年9月10日の公演で3回目を数える「滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール」(大津市)の担当者に話を聞いた。

コンサートは「わき役」

――開催のきっかけは?

緊急時の避難・誘導業務を実際の場面に即した形でやりたかったためです。
これまで同様の訓練は、職員のみで取り組んでいました。ですが、お客さんがいないため緊急時の対応をまとめたマニュアルがはたして本当に機能するのかという疑問点もありました。そこで、マニュアルの検証ができる良い機会として「避難訓練コンサート」を企画しました。

――同時にコンサートを実施する意図は?

「避難訓練に協力してください」と呼びかけてもお客さんは集まってくれないと思うので...(苦笑)。「集客の目玉」としてコンサートも用意しました。コンサート中に突然始まる

――具体的な公演内容は?

声楽アンサンブルの持ち味を生かし、オペラを中心とした内容となります。実際に「避難訓練」を行うのは、演奏の途中で不意に実施します。一度ホール外に避難していただき、訓練後はふたたび客席に戻ってコンサート再開となります。

――これまでの参加者からはどんな感想が寄せられていますか?

「実際に避難経路を確認できてよかった」「次にホールに行くときに安心感を持てる」といった好意的な意見を多数いただいています。
また、「避難してみてここが不便だった」というような避難・誘導業務の改善に役立つ意見も多く、参考にさせていただいております。

びわ湖ホールでは、初回が400人、2回目は650人と年々参加者が増えている。今年は800人規模のホールで実施予定だ。入場無料なのも嬉しい。

同様のイベントは、全国各地で実施されており、入場無料の施設が多い。ぜひ、自宅近くでの催しを調べてみてはいかがだろうか。