アップル、第3四半期は増収増益 iPhone復調で売上高7%増

米アップルは2017年8月1日(現地時間)、17年度第3四半期(4月〜6月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比7%増の454億800万ドル(約4兆9900億円)、純利益は同12%増の87億1700万ドル(約9600億円)だった。

主力製品の「iPhone(アイフォーン)」の販売台数が前年同期比2%増加したほか、「iPad」の販売台数も同15%増と伸長。同社は3月に9.7インチで低価格の「iPad」を、6月に10.5インチの新型「iPad Pro」を発売しており、これらの好調な売れ行きも増収につながった。

同日に公表した17年度第4四半期(7〜9月期)の売上高の見通しは490億〜520億ドルだった。