SIMフリー市場は日本で拡大加速 ファーウェイ・ジャパン幹部が需要見通し

SIMフリー市場は日本で拡大加速 ファーウェイ・ジャパン幹部が需要見通し

SIMフリー市場は日本で拡大加速 ファーウェイ・ジャパン幹部が需要見通しの画像

「格安スマホ」と称される低価格の通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信事業社)が存在感を増している。総務省が2017年7月4日に公表した資料の中で、2017年3月末時点のMVNOの契約数は前年同期比25.0%増の1586万件で、全体の契約数に占める割合は9.4%まで拡大してきた。

日本の携帯電話市場において、MVNOに供給するスマートフォン(スマホ)で早くから「SIMフリー」端末を手掛けてきたメーカーのひとつが、中国の華為技術(ファーウェイ)だ。ファーウェイ・ジャパンのデバイス・プレジデント、呉波氏は2017年がSIMフリースマホのマイルストーンになると予測する。

日本市場は2017年上期だけで3〜4倍に成長

――J-CASTニュースで2年前にもインタビューさせていただきましたが、ちょうどSIMロック解除が義務化されたタイミングでした。当時と比べて、日本市場で「SIMフリースマホ」はどこまで定着してきたとお考えですか。

呉 およそ4年前、日本でSIMフリースマホが出始めた当時の製品は、全般的に「スーパーローエンド」と言えるものでした。価格は安いが機能性に乏しく、消費者にとって購買意欲がそそられません。しかし去年(2016年)下期あたりから、メーカー各社は旗艦モデルを投入するようになってきました。これで(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクといった)大手キャリアのスマホと同じスタートラインに立てたと言えます。大手とMVNOの料金プランを見比べたら、MVNOの通信費は安い。同じようなサービスを受けられるなら、SIMフリーの良さが消費者にも伝わってくるでしょう。
2016年までは、例えるなら高速道路の入り口から本線に入るまでのスロープを上っているような、緩やかな成長でした。ところが17年に入って急速に伸びており、車が本線に入って加速している段階になっています。私は17年がマイルストーンの年になると予想しています。今年1月、米ラスベガスで行われたCES(世界最大の家電見本市)で取材を受けた際、私は「日本のSIMフリー市場は2017年、3〜4倍に成長するのではないか」と話しました。ところが上期だけで既に、3〜4倍の成長を見せています。

――調査会社BCN調べで、ファーウェイは17年上半期、販売台数で前年同期比約300%を達成したと発表されました。実際にファーウェイの日本での成長度をどのように感じているか、教えてください。

呉 インターネット上のコメントを見ますと、高評価を頂けているようで大変ありがたいです。当社がこれまで、消費者第一を掲げてきたことと、低価格だが低スペック、低品質が多かった他社のSIMフリースマホとは対極的に、プレミアム戦略を打ち出してきた点がご理解いただけたのではないかと思います。この戦略はずっと続けてきましたし、今後もぶれません。

――J-CASTニュースが2年前にインタビューした際、「ファーウェイは今のところ、日本の消費者の間で知名度が高いとは言えません。ただ、必ずしも『ナンバーワン』が目標ではない」とおっしゃっていました。この2年の間に、状況は変わってきたのではないですか。

呉 当社は、端末の分野では「サバイブする(生き残る)」が目標だと常に言ってきました。今も変わりません。BCNの調査で、2017年上期のSIMフリースマホのカテゴリーで1位となれましたが、これにより日本市場でこのままずっと事業を展開できる基礎が盤石になったわけではありません。かつて携帯電話(ガラケー)で何年もトップに君臨していたメーカーが、今や事業から撤退している例もあります。順位は追い求めず、長期的な視点で日本の消費者にベストな端末とソリューションを提供する姿勢を続けていきます。

――2年前のインタビューでは、日本は「アップルの国」だと、「アイフォーン(iPhone)」の人気の高さを表現していました。今ではどうでしょう。

呉 状況はさらに進行している気がします。日本市場におけるiPhoneのシェアは下がってはいるようですが、実際にアクティブになっているスマホはiPhoneが多く、日本では絶対的な地位にあると感じます。ただ、SIMフリースマホの市場も変化しています。従来型携帯電話を使っていたユーザーがSIMフリースマホに乗り換え始めてもいます。ウェアラブルは健康機能に重点

――モバイルのデジタル機器で近年開発されたものに、ウェアラブル端末があります。日本では、ウェアラブルは話題性こそ高いものの、市場は今ひとつ伸び悩んでいるようです。この点をどう分析していますか。

呉 その通りです。日本市場では盛り上がりに欠けているのが現状です。実際に購入して使う人が、なかなか増えません。メーカーは凝ったデザインや機能性を追求して商品を開発しているようですが、最終的には顧客のニーズからかけ離れていると思うのです。ただ、可能性がないわけではありません。
ファーウェイのウェアラブル端末は、通信機能よりも健康管理機能に重点を置いて開発を進めています。例えば腕時計型の端末「HUAWEI FIT」には、睡眠をモニタリングする「HUAWEI TruSleep」という機能を搭載しました。これは米ハーバードメディカルスクールCDBセンターの睡眠試験認証を取得しており、入眠、目が覚めた時間、浅い眠りや深い眠り、レム睡眠といった睡眠の構造図を利用者に示し、睡眠の質を評価します。この機能を軸に、ヘルスケアの面でユーザーのニーズは何かを探っていきます。

――健康機能に加えて注目している点はありますか。

呉 ウェアラブル端末は、腕時計型やメガネ型、指輪型といろいろ出ましたが、どれも苦戦しているのが現実です。ただ中国では最近、興味深い兆候が出ています。当社の腕時計型端末の販売が好調なのですが、健康機能ではなく支払いに活用されているのです。
日本の電子決済は、カードに現金をチャージして支払い時にカードリーダーにタッチする「接触型」。スマホでも同様の機能を内蔵する必要があり、店舗側はカードリーダーを備えねばならず経費がかかります。一方中国ではモバイル決済が急速に普及していますが、日本と違って「非接触型」です。店や自動販売機はじめ、あらゆるところでQRコードが表示されており、スマホに入れた電子決済サービスのアプリを通してQRコードを読み込めば支払いが完了します。こうした場面に、当社の腕時計型端末が活用されているのです。私も、中国にいるときは財布を持ち歩かなくなりました(笑)。
もちろん日本が中国と同じようになるとは限りませんが、条件次第では日本でもウェアラブル端末市場が大きく成長する可能性はあると思います。

●プロフィル
呉波(ご・は):ファーウェイ・ジャパン デバイス・プレジデント。中国出身。2003年ファーウェイ入社後、世界各地で製品統括・営業統括を担当。2011年より現職。