黒歴史カップ麺の復刻版が「半額セール」 「やっぱり駄目だった」?日清に聞くと...

日清食品カップ麺の「黒歴史トリオ」再発売 公式通販サイトで半額セール

記事まとめ

  • 日清食品は7月、売れ行きが伸び悩んだ3商品を「黒歴史トリオ」として再発売した
  • 自虐的かつ「遊び心」に溢れた商品紹介サイトは、大きな注目を集めた
  • 日清の公式通販サイトで「黒歴史トリオ」のサマーヌードルが定価の50%オフで販売

黒歴史カップ麺の復刻版が「半額セール」 「やっぱり駄目だった」?日清に聞くと...

黒歴史カップ麺の復刻版が「半額セール」 「やっぱり駄目だった」?日清に聞くと...

黒歴史カップ麺の復刻版が「半額セール」 「やっぱり駄目だった」?日清に聞くと...の画像

日清食品は2017年7月、過去に発売するも売れ行きが伸び悩んだ3商品を「黒歴史トリオ」との触れ込みで再発売した。自虐的なコピーばかりが並ぶ商品紹介サイトは大きな注目を集めたが、肝心の売れ行きはどうなのか。

J-CASTニュースが8月17日、発売からおよそ1か月半が経った時点での「売れ行き」を日清食品の担当者に尋ねると...。

「ネタだと思って、食べてほしい」

7月3日に再発売された「黒歴史トリオ」は、「カップヌードル サマーヌードル」(最初の発売は1995年6月)、「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」(同2002年6月)、「日清焼そば 熱帯U.F.O.」(同2002年7月)の3商品だ。

再発売にあたって公開された商品紹介サイトには、

「攻めて迷走。焦って自滅」
「ブームにのって失敗」
「ネタだと思って、食べてほしい」

といった自虐的なコピーの数々が躍っている。

さらにページ内では、商品が「売れなかった」理由を改めて分析したり、「なぜ黒歴史が生まれたのか」という趣旨で当時の開発担当者にインタビューをしたり......。こうした、自虐的かつ「遊び心」に溢れたサイトは大きな注目を集めた。

ところが17年8月17日現在、日清の公式通販サイトでは「黒歴史トリオ」の一角、「サマーヌードル」(20食セット)が定価の50%オフで販売されている。本来は税込3888円(一食あたり約194円)のところが、1944円(同97円)になっているのだ。

このセールに気付いたネットユーザーからは、

「やっぱり駄目だったのか」
「復刻しての半額? どこまでが黒歴史なんだよ」
「味はなかなかだったし黒歴史とか言わずに普通に売った方が良かったんじゃね?」

といった手厳しい声がネット掲示板などに寄せられている。もっとも、ほかの2商品は、公式通販サイトでは定額で販売されている。

「事前の想定の範囲内」

そのほか、スーパーやコンビニなどの販売店でも、「黒歴史トリオ」が定価の半額で売られているケースがあるようだ。ツイッター上には、商品に「半額シール」が張られた写真をアップすると共に、

「黒歴史シリーズがスーパーで半額になってたんだけど、これ...歴史は繰り返すってやつかな?」
「半額で投げ売りされてて、まさに黒歴史復活してた...」

などと報告するユーザーが複数出ている。

 

やはり、「黒歴史トリオ」は再発売でもあまり売れていないのだろうか。J-CASTニュースが8月17日、日清食品広報部の担当者に聞くと、

「物凄く売れまくっているというワケではないですが、かといって全然売れていないワケでもなく......。つまりは、事前の想定の範囲内といった感じなんです。ブランドとしては、通常レベルの売れ行きとは言えますね」

と話す。ただ、「サイトでのPRが大きな話題を呼び、メディアにも大きく取り上げて頂いたので、それが売り上げを向上させた可能性はあると思います」とも付け加えていた。

では、日清の公式通販サイトで「サマーヌードル」を50%オフで販売しているのは、一体どういうことなのか。この質問に担当者は、

「決して、極端に売れ残りが出たわけではないです。ただ、夏を前面に押し出した『サマーヌードル』という商品名なので、できれば秋が来る前にすべて売り切ってしまいたいんですよ。だから、公式サイトでも値引きして販売しています」

と話していた。