朝日新聞がシングルの出会いの場を提供 40歳以上をターゲット

朝日新聞がシングルの出会いの場を提供 40歳以上をターゲット

朝日新聞がシングルの出会いの場を提供 40歳以上をターゲットの画像

朝日新聞は2017年10月2日、40歳以上の独身男女をターゲットにした会員制サービス「Meeting Terrace」を開始した。

入会費は5万円

生涯未婚率婚率が年々上昇している昨今。同社は「こうした現状を伝えるだけでなく、実際に知り合う機会を増やしたい」として、同サービスを開始した。

会員は、リアルの場で設けられた「交流会」に参加し、そこで実施される「セミナー」や「イベント」を通じて関係を築いていくという。

入会費は5万円(ウェブ申し込みは3万9800円)。月会費は9800円。イベントへの参加は5000円〜1万200円(目安)。

朝日新聞をめぐっては、本業である新聞販売の苦戦が続く。2017年3月期のメディアコンテンツ事業は、売上高は前期比4.8%減の3675億4200万円、事業利益は同77.5%減の15億6900万円だった。いまや、屋台骨を支えるのは、不動産事業(事業利益:49億2700万円)だ。会員制サービス「Meeting Terrace」の今後に、注目が集まる。