「西郷どん」で注目の奄美大島「ご当地マスキングテープ」

「西郷どん」で注目の奄美大島「ご当地マスキングテープ」

「西郷どん」で注目の奄美大島「ご当地マスキングテープ」の画像

グラフィックデザイン事業などを手がけるアビコムデザイン(鹿児島県奄美市)は、ご当地マスキングテープ「紬Classicマスキングテープ」を2018年3月21日に発売する。奄美大島内の土産ショップで3月中旬に先行発売だ。

西郷柄は男物として人気の柄

奄美大島は、NHK大河ドラマ「西郷どん」で注目を集める西郷隆盛ゆかりの地として知られており、若い世代を含め観光客が増加しているという。そこで、伝統工芸である本場大島紬の柄を、若い女性に人気のマスキングテープで表現。高価で手にしづらい大島紬製品を、手軽に購入できる形で商品化したという。

テープのラインアップは西郷柄(黒)、龍郷柄(赤・黄)、秋名バラ柄(赤・青)の3柄5種類。西郷柄は男物として人気の柄だ。龍郷柄は蘇鉄の葉など奄美の自然を図案化したもので、本場大島紬の代表的なデザイン。秋名バラ柄の「バラ」は琉球語で「ザル」を意味し、サンバラというザルの網目を元にしたといわれている。