トヨタ自動車労使が春闘交渉でベア額非公表 自動車総連の『共闘崩壊』となる可能性

記事まとめ

  • トヨタ自動車労使が春闘交渉でベア額を非公表とし、19年以降も続ける方針となっている
  • ベア額の非公表が広がれば、業界内で共闘する従来型戦術が通用しなくなる可能性もある
  • 自動車総連の高倉明会長は非公表を批判しており、『共闘崩壊』の起点となりうるらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております