厚切りジェイソンが翻訳デビュー 猫と会社の「あるある」

厚切りジェイソンが翻訳デビュー 猫と会社の「あるある」

厚切りジェイソンが翻訳デビュー 猫と会社の「あるある」の画像

飛鳥新社(東京都千代田区)は、お笑いタレントでIT企業役員も務める厚切りジェイソンさんによる初の翻訳書「猫CEO」を2018年4月11日に発売する。

人気ウェブコミックが書籍化

英ロンドンで活動するアーティスト、トム・ファンダーの人気ウェブコミックが書籍化。猫が社長を務める会社が舞台で、「猫あるある」と「会社あるある」が一緒に楽しめるというシュールな内容だ。猫飼いはもちろんのこと、猫並みに使えない上司の下で働いている人からの共感も必ず得られるという。

翻訳を担当した厚切りジェイソンさんは、「猫の習性で笑えるだけでなく、意外と奥の深い1冊」と評価。猫CEOはリーダーシップの反面教師でもある。ビジネスマンにも読んでほしいコミックだ。価格は1200円(税抜)。