キリン「氷結」から初のすいかフレーバー

キリンビール「氷結」から初のすいかフレーバー登場 熊本県産のすいかを100%使用

記事まとめ

  • キリンビールが「キリン 氷結」から「熊本産すいか(限定出荷)」を9日に発売する
  • 同社のRTD商品から初となる、すいかフレーバーで、熊本県産のすいかを100%使用
  • 甘くジューシーな味わいに仕上がっており、ラインアップは350ml缶と500ml缶

キリン「氷結」から初のすいかフレーバー

キリン「氷結」から初のすいかフレーバー

キリン「氷結」から初のすいかフレーバーの画像

キリンビールは、「キリン 氷結」から「熊本産すいか(限定出荷)」を、2019年7月9日に発売する。

搾汁後にそのまま凍結

同社のRTD(Ready to Drink/開栓後、そのまま飲める低アルコール飲料)商品から初となる、すいかフレーバーが登場。熊本県産のすいかを100%使用し、甘くジューシーな味わいに仕上げた。果実のおいしさがそのまま味わえるよう、搾汁後にそのまま凍結する「氷結ストレート果汁」を採用。みずみずしい喉ごしが楽しめる1本だ。

ラインアップは350ミリリットル缶、500ミリリットル缶。

価格はオープン。