夏場に売れるビール、37度を超えるとマイナスの影響? 業界で新しい「定説」

記事まとめ

  • ビールは夏場に気温が1度上がると販売量が2.5%増えるといった「定説」がある
  • ビールやアイス製造など"夏銘柄"は今年は冴えず、7月以降に値を崩している
  • 「気温36、37度が限界で、超えるとマイナスの影響が出る」との新しい「定説」も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております