30年以上愛される「大坂屋長兵衛大吟醸」 フレッシュなボトル缶誕生

30年以上愛される「大坂屋長兵衛大吟醸」 フレッシュなボトル缶誕生

30年以上愛される「大坂屋長兵衛大吟醸」 フレッシュなボトル缶誕生の画像

日本酒等を製造・販売する大関(兵庫県西宮市)は、「大坂屋長兵衛」シリーズから「超特撰 大坂屋長兵衛大吟醸180mlボトル缶」を、2018年9月上旬に発売する。

バーベキューや旅行にも

1986年の発売以来、30年以上愛され続けているというシリーズから、ボトル缶タイプが登場。丈夫で軽い、割れないアルミ素材を採用しているため、バーベキューや旅行などのアウトドアシーンにもぴったりだ。また、広口グラス型のプラスチックコップが付属しているので、コップの準備も不要。飲みたいと思ったときに、手軽に楽しめる。

内容量180ミリリットル。参考小売価格は457円(税別)。

正徳元年(1711年)に創業した初代当主の名を冠する「大坂屋長兵衛」は、フルーティーな香りと淡麗辛口の品格ある味わいが特長の大吟醸酒。2013年から6年連続でモンドセレクション金賞を受賞している。